スキーやスノボー旅行

冬の主なスポーツとしてスキーやスノボーをあげさせてもらいますが、従来のスキーツアーもいいですが、スキーの種類も様々あります。一般的なものが、ゲレンデで快適に滑るフリーランです。
大方のスキーツアーがこれです。最近では交通費やリフト券、宿泊先がパックになっているツアーが主流ですので、車を持っていない方でも簡単に安くゲレンデに行けるようになりました。板やウェアも持参せずに、手ぶらで行けるツアーもあるので、本当に身軽で快適です。大きな荷物を持って、長い道のりを運転してからスキーやスノボーを楽しむのは結構体力がいるものですので、こうしたパックツアーを予約しておけば、ゲレンデで楽しむことだけに集中できるので嬉しいですね。

そう考えると、もっと色々なツアーがあると楽しいかもしれません。例えば、スキーのモーグルという競技のツアーなんて企画を立てると面白いかもしれません。凸凹な雪の斜面を早く滑らかに降りる競技のモーグルで元気な若者を中心にツアーを組むといいかもしれません。
それから、運動部の2軍や3軍などで陽にあたらない境遇にある場合に、筋力アップや別の世界の紹介にもなると思います。

同じように、スキーのジャンプ競技なども同様です。
冬に競技がないスポーツは特に、これからは別の競技をさせるのが当たり前な時代が来るはずです。
それは、昔でいう橋本聖子さんの例やアメリカでのメジャー選手が二つの競技で活躍していることを考えてみると当然だと思います。
その突破口として冬のマイナースポーツの体験ツアーは大変いい経験になると思います。

さて、スノボーの話をあまりせずに終わりを迎えていますが、スノボーでは、一般的なのがフリースタイルです。
この他、カービングなど急斜面を早く降りる競技などもスキーの場合と同じように体験させると新たな出会い発見になるかもしれませんので企画することをお薦めします。

 

冬のスポーツを活用

ウィンタースポーツツアーの紹介をしてきましたが、結論から申し上げますと、これはマイナースポーツの活性化がテーマになるのではないのでしょうか。
夏のスポーツをする人は多いと思いますが、ウィンタースポーツを経験して夏のスポーツで2軍などで陽にあたらない環境であれば、他のスポーツに転向する道もあるはずですし、ウィンタースポーツは嫌だと思うのであれば、年間を通して出来るダンスなどを行うことも新しい考えで陽にあたる状況をつくる環境は良いと思います。

ウィンタースポーツの中には、スキーポッカールというスポーツも出てきています。
人によっては冬のスキーシーズンは最高に楽しいですという方もいるはずですし、スノボーは家族で泊りがけで行っていますという方もいるでしょう。
寒い冬で、なかなか外に出られないからこそ家族で出かけたり、ホテルに宿泊したりして料理を楽しんだり、昔から会っている人に出会う楽しみがあると思うのです。

そういったアイディアからウィンタースポーツのツアーを考え企画すると町の活性化になるかもしれません。
皆さんもウインタースポーツのツアーは、どんな企画がいいのか考えてみませんか。
最後に、宿泊先のホテルがなければ町で協力して民泊という方法もあります。
皆さんの地域を活性化してもらえたら幸いです。